いろいろ使える優れモノ

土嚢

作業軽減と事故防止にも

工事現場においては先端技術を用いた機材が投入されるようになりましたが、土木工事や水除けに欠かせないアイテムとして長く活躍しているのが土嚢です。シンプルなタイプは土嚢袋に土を入れるだけと簡単であり、1人で運びやすく設置や移設に大きなコストが発生しません。また、土嚢袋はポリエチレン製が主流となっていますので、破れにくく中の土が流出する心配も少ないでしょう。設置期間中は天候に関係なく放置していても問題がないため、毎日の設置と撤去のコストが節約できる点でも支持につながっています。土嚢で使用する袋には複数の種類が存在しており、ポイントは使用者の意向に合わせた選択が可能な点です。例えば、約50kgの重量に耐える高強度の土嚢袋も選択できますので、大きな力から広範囲をガードするシールドとしての役割も果たしてくれます。積み方によって車両をもストップできることから、現場作業員の労働災害防止にも役立つと好評です。このほか、近年は土を使わない水吸収タイプの土嚢袋も注目されており、使用前の形状がコンパクトですので、保管が容易な点でも評判となっています。工事現場においてはがれき類が発生しますが、破れにくい土嚢袋をガラ入れとして使用するケースも珍しくはありません。作業員のケガ防止にも効果的であるため、入れ物として土嚢袋導入を検討する価値があるでしょう。また、工具や資材入れとして活用する現場も多く存在していますので、整理整頓の手間削減と徹底にも有効です。