青い光をカットするガラス

硝子

不思議な薄いガラスが機能

普段から人が使う特定の機械(人口カメラや医療器具・パソコン)からは、目に見えない光が放出されています。それを『ブルーライト』と呼称しますが、日頃からその光の影響を受けると視力に影響を与えてしまうのが問題です。しかし、やり方によっては『ブルーライト』を回避したりすることが出来ます。実際に太陽から放たれる紫外線(UV−AとB)は威力があるのは有名です。特に真夏の日差しに一時間も浴びていると目が焼けて痛くなります。しかし、『ブルーライト』はそこまで威力は有りませんから、長時間は影響を受けなければ問題はありません。よって[ブルーガラス]でライトを遮断することが可能です。薄い綺麗な青ガラスが印象的な物になりますが、特殊な性質を帯びています。人口カメラや威力器具などから放たれる『ブルーライト』を抑制して、人体や目に与えるデメリットをカットするのは強みです。不思議な[ブルーガラス]は非常に薄く強いショックに弱いと言えます。耐久性を気にして取り扱う必要性は無視できません。ライトを遮断する機能は役立ちますが、弱点も知っておくことも一つのポイントになります。[ブルーガラス]の取り扱いは知っておきましょう。因みに[ブルーガラス]は一般向けのアイテムもあれば業務用の製品も出回っています。携帯電話に張り付ける物はフィルムに[ブルーガラス]が入っているものです。業務用とは違って画面に張る物のカラーもクリアに等しく、青色は分からないでしょう。