使いやすいものを選ぼう

養成シート

宣伝用もある

工事現場や建設現場で使われる足場シートには、様々な利用目的があります。その名のとおり、足場を守るためのシートではあるものの、風雨を防いだり、落下物を安全にキャッチしたりといった働きもあるのです。また、足場のみならず、建設物を囲むようにして覆われることもあります。こうすれば周りに作業のゴミや埃などが散らばらなくて済むからです。周囲への安全対策として利用されることが多くなっています。そこで、工事現場や建設現場に携わる企業は、必ず足場シートを用意しておくことになります。ただし、いろいろな足場シートがあるので、材質や大きさ、用途などを確認した上で適切なものを選びましょう。もちろん、どこで工事をするのかによっても使うものは違ってきます。その地域の気候にも合うものを選びましょう。例えば、台風が訪れやすい地域なら風雨に強い頑丈なものではないと安心して使えません。一方、景観を気にする場合にはデザイン性を重視して選ぶことになります。最近は足場シートを使って企業や建設物の宣伝をすることもよくあります。そこにPRとなるイラストや写真、コピーなどを載せるのです。そうすれば通りがかった人の目に留まり、自然と宣伝ができるとこになります。特に足元では気づきにくいことから、建設途中の物体そのものを覆うようにして使われることがあります。大きな建設物なら遠くからでも目にすることができるでしょう。遠方の人への宣伝にもなるため、効率的な宣伝法と言えます。