万一の災害に備えを

工事現場

土嚢は建物への浸水被害を予防する防災用具ですので、都市部であっても事務所や店舗などには常備しておくべきものでしょう。近年は土砂を使わず、保管場所も要らない吸水土嚢袋が普及しています。企業名などを入れれば、効果的な企業アピールになるでしょう。

詳しく見る

簡単で快適な座席を

作業員

客席の設置に悩んでいるなら、折りたたみ式観覧席の導入をおすすめします。値段は、一番シンプルな2段の20人乗りタイプで40万円程度から。実際に導入した学校現場や各種イベント会場からも、その便利さや効果に喜びの声が寄せられています。

詳しく見る

使いやすいものを選ぼう

養成シート

建設現場や工事現場などでは必ず足場シートを使います。最近はいろいろな用途で使われるようになってきており、種類もたくさんあります。宣伝物として利用されるものは、イラストや写真などを印刷することもあります。

詳しく見る

青い光をカットするガラス

硝子

ブルーガラスは太陽から放出される紫外線のように強くはないブルーライトを遮断してくれます。医療器具やパソコン、人口カメラに使われるガラスです。最近ではブルーガラスの機能性が重視され、好まれて使われるようになりました。

詳しく見る

いろいろ使える優れモノ

土嚢

土嚢は作業者の手間を削減する低コストアイテムです。作成から運搬まで1人で済ませることができ、強度は現場の労働災害防止にもつながっています。コンパクトに保管できる水吸収タイプも選択でき、ガラや工具など入れ物としても活用可能です。

詳しく見る

カラーガラスの特徴とは

ガラス

彩りのある暮らし作り

カラーガラスは主にオフィスなどの受付の壁面やエレベーターホールの壁面、ホワイトボードや落書き壁、またはマンションのエントランスホールなどに使用される壁素材です。その他にも清潔感のあるキッチンや洗面台にも最適です。特殊な塗料をガラスの裏面に焼き付ける事でコーティングし、ガラスに多彩な色を与えます。透明感のあるガラスの魅力は色合いに奥行きを持たせ、アクセントのついた空間づくりにぴったりです。なかでもブルーガラスは透明感を求める方にオススメです。また、店舗のディスプレイに使用される天板に使われる事も多くあります。ガラスの特徴である耐久性と、独特の質感と光沢と鮮やかな色味の実現は商品をより一層魅力的に飾る事が出来るます。厚みの調節も可能で棚やテーブルなど様々な用途に使用可能です。色味もたくさんの種類の中から選ぶ事が出来、ブルーガラスを選べば涼しげでクリアな色合いを楽しめます。光に透けてキラキラときらめくブルーガラスは空間を美しく彩りたいシチュエーションによく似合います。カラーガラスは頑丈でメンテンスの手間もあまりかかりません。断熱性や遮音性にも優れており、使用用途は多岐に渡ります。多彩な光を取り込める快適な暮らしにブルーガラスのようなキレイなカラーガラスは最適といえるでしょう。ブルーガラスといっても、クリアで透明度の高いブルーから、ディープな濃い色合いでアクセントを作るのに良いブルーまで好みに合わせて取り入れる事が可能です。